関東鉄道キハ100の再生産(その5)床下器具の製作
先日作ったシリコン型を使い床下器具を量産しました。でも片面取りの分はいつもと変わりがないので割愛。
e0039316_22314588.jpg

ネットで調べて見つけた紙コップ型。これは簡単でいいですね。
e0039316_22331450.jpg

レジンで固まってしまうので紙コップがほとんど再使用できないのが難点ですが・・・
でも合理的でいいです。型にレジンを流し込んで圧力鍋へ。その後は空気入れをシコシコ・・・結構疲れます。コンプレッサー導入しますかね。
e0039316_22352049.jpg

で、一個目は失敗。空気抜きは足らなかったようで湯が回らなかったようです。
e0039316_22361641.jpg

二個目からは見られる状態に。バリ取りはしてない状態です。
e0039316_22371026.jpg

その後は取りつかれたように・・・
e0039316_2238739.jpg

これでしばらく戦えそうです。いや・・・作りすぎですね。

これでレジンコピーは何とかできるかな。最近は模型のパーツも入手困難なものもあったりして覚えて原型さえあれば何とかできますからね。。。目指すはパンタと台車・モーター以外は自製です。
まだ研究を重ねたいと思います。

早く塗装して取り付けたいと思います。
by youroumania | 2014-09-26 22:41 | 関東鉄道の車両 | Comments(0)
<< 関東鉄道キハ100の再生産(そ... 今日は・・・ >>