Nゲージのマニ44を組む(一話完結編)
先日の酒席に於いてマニ44が話題に揚がっていたので組むことにしました
e0039316_07074346.jpg

かなり前からある在庫のキット。探せばまだ出てきます。
e0039316_07074894.jpg

使用したパーツは先日ホビセンで仕入れてきました。
台車はTR217Fエアサスなのがちょっと気になりますがブレーキシリンダーに重点を置きました。
e0039316_07075224.jpg

箱になりました。台車はプラパイプを床板に接着して2ミリのネジで固定しました。
e0039316_07075780.jpg

で、塗装。日光の青15号です。

ラッカー系ですが薄め液をクレオスのものにして吹いております。
e0039316_07080132.jpg

インレタを入れてクリアを吹いて完成です。
e0039316_07152652.jpg

台車はこんな感じ。似たマクラバネ部分を移植すればいい感じかと思っております。

テールライトは色差しが苦手なのでKATOのレンズを開孔後差し込んでおります。
e0039316_07080699.jpg

大きい方も組まなくては。。。
by youroumania | 2016-05-25 22:59 | 鉄道模型 | Comments(2)
Commented by まいにち at 2016-05-27 12:44 x
『日光の青15号です。

ラッカー系ですが薄め液をクレオスのものにして』



日光の缶塗料にグンゼのプラシンナーといえば個人的に

“苦い”思い出があります。

KATOの103高運ブルーを川越線103-3500にしてやろうと

ウグイスへ塗り変えました。

このときに使ったのが日光の缶塗料のウグイス、そして

溶かすのに使ったのが、グンゼのプラシンナーでも“エア

ブラシ用シンナー”でした。

塗りあがって“103-35…”とレターを入れた時“ペリッ”と

台紙にウグイスんの塗膜が…



本物も川越へ転属して来る以前は京葉線でしたので、レターの

台紙によって剥がれたウグイスのしたから覗けたのはブルー。

本物みたいです。。。



日光の缶塗料には、グンゼのエアブラシ用シンナーは密着性の

点で愛称が良くないようです。。。
Commented by youroumania at 2016-05-30 17:22
まいにちさま
コメントありがとうございます。
日光の塗料・・・ただのラッカー塗料なのでミッチャクロンなど下地はは必須かと思います。
てか日光の塗料ってGmなんかより色見本に忠実ですよね。
若干値上げされましたが現在も愛用しております。
<< 東武8000系8198Fの製作... 東武8000系8198Fの製作... >>